平成29年 後期(2017.7~12)

 

 

「メカライフの世界」展 2017

    

◆日 時:11月18日(土)10:00~17:00 11月19日(日)10:00~16:30
◆場 所:新館4階 特別展示室
◆対 象:どなたでも(小さいお子様は保護者と同伴)
◆参加費:無料(関西文化のため、展示室入館料も無料)

【展示コーナー】
フォーミュラカー、二足歩行ロボットなど

【工作コーナー】
有料工作:モーターカー【500円】
無料工作:チューブプレーン、ロボットハンドなど

機械工学に関する展示物に触れ、自分の手で工作を行うことで、ものづくりの楽しさを知ろう。
大学生、高専生が指導や展示物の説明をしてくれます。
主催:日本機械学会 関西学生会 共催:バンドー神戸青少年科学館

 

 

みんなの作品展

  

◎第62回「神戸市立小学校理科・生活作品展」
  ◇期 間:9月9日(土)~9月18日(月・祝)※9月13日(水)は休館
  
◎第61回「神戸市立中学校技術・家庭科作品展」
  ◇期 間:9月29日(金)~10月2日(月)

◎第65回「神戸市立中学校理科作品展」
  ◇期 間:10月6日(金)~10月9日(月・祝)
以上の主催:神戸市教育委員会

◎第61回「日本学生科学賞兵庫県コンクール」
  ◇期 間:10月20日(金)~10月22日(日)
  ※22日(日)は16:00まで
  主催:兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、兵庫県中学校教育研究会理科部会、読売新聞社

◎平成29年度 兵庫県学生児童発明くふう展
  ◇期 間:11月2日(木)~11月5日(日)
  主催:一般社団法人 兵庫県発明協会
—————————————————————————————————————————
◆時 間:月~木/9:30~16:30 金・土・日・祝/9:30~17:00 ※入館は閉場30分前まで
◆場 所:新館4階 特別展示室
◆入場料:無料(展示室入館料が必要)

 

 

キワニスワンデー 『虹色しゃぼん玉をつくろう』

  

◆日 時:10月28日(土)13:00~16:00 ※先着80名 材料がなくなり次第終了
◆場 所:1階プロローグ
◆参加費:無料(展示室入館料が必要)
◆対 象:どなたでも
◆定 員:100名
主催:神戸キワニスクラブ

【キワニスワンデー】
国際的な民間社会奉仕団体「キワニスクラブ」。キワニスワンデーとは世界のキワニスクラブが一丸となり、それぞれのクラブで趣向を凝らし、こども達への奉仕活動をする日です。

割れないしゃぼん玉は、くるくる回すときれいな虹色に輝きます!皆さん上手に作って楽しく回してくれました。

 

 

チェリーくんと行く、星めぐりの旅

    

◆日 時10月22日(日)10:00~10:50(受付・開場9:30)
◆場 所:本館1階プラネタリウム
◆参加費:600円 ※3歳未満は膝上無料、ただしお席が必要な場合は有料(のびのびパスポートや各種手帳は使えません)
◆対 象:どなたでも(幼児大歓迎)

【チェリーくん(桜井じゅん)】
「スキップ楽団」「にこにこ楽団」を経て、「おひさま楽団」と、児童音楽を続けて27年、各地の幼稚園、保育園、保育所、こども園、イベントへの訪問活動をライフワークとしている。
音を愉しむ、リズムを愉しむ、お話しを愉しむとして手作り楽器から影絵を使っての語りまで幅広く活動中。その他沖縄音楽、ラテン、ブルース、アイリッシュ、ハワイアンなどジャンルを問わない音楽活動も行っている。

  

夜空にはフシギとワクワクとちょっぴりヘンテコが詰まってる!
チェリーくんと話して歌って遊びながら、楽しく星さがし。さあ夜空を旅しよう!

 

 

すいすい水力推進船を作ってみよう!


◆日 時:10月21日(土)
①11:00~ ②13:30~ ③15:00~(各回50分)

◆場 所:新館 地下ホール
◆参加費:無料(展示室入館料が必要)
◆対 象:小学1~6年生(保護者見学可)
◆定 員:各回10名(応募者多数の場合は抽選)

主催:(公社)日本船舶海洋工学会 海洋教育推進委員会 / テクノオーシャン・ネットワーク

 

 

 

 

 

 

 

発泡スチロール・紙コップ・ストローで船を作って船の進む向きや速さを競ってみました!

 

 

読書の秋特別企画 科学館で読書会『宇宙を探検しに行こう』

 
◆日 時10月8日(日)13:00~14:30
◆場 所:本館4階 科学情報室
◆参加費:無料(展示室入館料が必要)
◆対 象:小学3年生以上~大人の方まで
◆定 員:12名
協力:Read For Action認定
リーディングファシリテーター 村上英範

 

    

科学本ってなんだか難しそう、でも興味はある、読んでみたいという人を対象に、グループで内容をシェアしながら本を読むワークショップ。自分だけでは理解できない事も皆で協力して読み解きました!今回のテーマは宇宙。ゲームあり、お話ありの楽しく新しい読書スタイルで、科学本を楽しみました。

 

 

ちいきいと21 ~満天の星空篇~ @バンドー神戸青少年科学館

 
◆日 時9月28日(木)19:00~(受付18:30)
◆場 所:本館1階プラネタリウム
◆参加費:600円
◆対 象:小学生以上 ※中学生以下は保護者同伴のこと
◆定 員:150名
◆出 演:飯川雄大(美術家)、西島陽子(まちPRオフィス)、角野史和(下町芸術祭2017)
主催:ちいきいと実行委員会、バンドー神戸青少年科学館
協力:神戸市創造都市推進部
関連ページ

 

神戸のキーパーソンをつなぐイベントとしてこれまでに20回以上も開催されている「ちいきいと」。テーマにちなんだお題に対してとっておきの1枚の写真を持ち寄り、地域自慢するスライドトークショーです。今回は、当館プラネタリウムが映し出す満天の星空の下、新開地、駒ヶ林、そして初参戦の港島ゆかりの出演者が、地域のプライドをかけた大喜利トークバトルを繰り広げました。

 

 

スーパーコンピュータ『京』見学ツアー

  

◆日 時◆ 9月24日(日)10:00~17:30

◆場 所◆  バンドー神戸青少年科学館
       +理化学研究所計算科学研究機構(スーパーコンピュータ「京」など)
◆参加費◆  無料(展示室入館料が必要)
◆対 象◆  小学4年生~高校生までを含む本人とそのご家族(幼児不可)
◆定 員◆  12組

——————————————————————————
【スケジュール】
10:00~ 科学館集合 プログラミング教室(90分)
11:30~ お昼休憩(60分)昼食持参のこと
12:30~ 科学館 出発
13:00~ スーパーコンピュータ「京」 見学会
14:00~ 講演会「スパコンが生み出す私たちの未来~防災、創薬、ものづくり」
神戸大学 先端融合研究科 統合研究拠点 コンベンションホールにて
17:00~ 講演会 終了
——————————————————————————

スーパーコンピュータ「京」で何ができるの?何がすごいの?
コンピュータの基本、プログラミングを勉強した後、スーパーコンピュータ「京」を、みんなで見学に行こう!見学の後は、一般向けスパコンセミナー「スパコンが生み出す私たちの未来~防災、創薬、ものづくり」に参加し、シミュレーションが私たちの暮らしにどう役立っているかを知ろう。

 

 

子供のための 子供による 工作と実験

◆開催期間◆ 9月9日(土)①10:00~12:30

◆場 所◆  本館4階 実験室
◆参加費◆  無料(展示室入館料が必要)
◆対 象◆  小学校3年生~中学2年生
◆定 員◆  36名
◆主 催◆  神戸市少年少女発明クラブ

創意工夫した実験や工作を子供先生が教えてくれました!
今回のテーマは「てこのおもしろ実験とれてぐ作り」でした。

 

 

子どもゆめ基金助成活動 青少年のための科学の祭典 神戸会場2017

◆開催期間◆ 8月26日(土)・27日(日)10:00~16:30

◆場 所◆  新館4階 特別展示室
◆イラスト◆ さとうちよ
◆主 催◆  青少年のための科学の祭典・神戸会場実行委員会
◆共 催◆  (公財)日本科学技術振興財団・科学技術間・(公財)ひょうご科学技術協会

科学のおもしろさを身近に感じることができるブースがいっぱい!
楽しい工作や実験をとおして、もっと科学を好きになろう!

 

 

『理化学研究所100年』パネル展

◆開催期間◆ 平成29年7月20日(木)~8月23日(水)
開催期間中は休館日なし
◆時 間◆  930分~19時(1830分までに入館)
       【720日(木)のみ1630分まで】
◆場 所◆  バンドー神戸青少年科学館 新館1階プロローグ
◆参加費◆  展示室入館料 大人600円、小中高校生300円が必要
◆主 催◆  バンドー神戸青少年科学館、理化学研究所

理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)は、物理や化学、生物、工学をはじめ、再生医療、脳、健康、食糧、エネルギー、宇宙、人工知能など幅広い分野の研究をしている研究所です。

スーパーコンピュータ「京」、SPring-8も理研の研究施設です。1917年に誕生し、今年は創立100周年です。113番新元素のような基礎研究、研究成果が実用化された身近な商品もあります。その歴史と研究をまとめてパネル展示を行いました。

 

    

 

 

夏の特別展「宇宙と人間」開催

◆日程:平成29年7月8日~8月22日 (計44日間 ※7/12、19は休館)
◆時間:9:30~17:00※7/10、11、13、18、20は9:30~16:30)
◆場所:バンドー神戸青少年科学館 新館4階 特別展示室
◆入場料:大人 300円(18歳以上)、高校生以下 無料(※別途展示室入館料が必要)


「宇宙と人間」チラシ表面 PDFダウンロード
「宇宙と人間」チラシ裏面 PDFダウンロード

夏の特別展「宇宙と人間」のページへ!

青少年科学館では、この夏のメインイベントとして「宇宙と人間」を開催しました。
一昨年夏の特別展「宇宙への挑戦」において「月の石」や「月の砂」などを展示し好評を博しました。今回はそのパート2として開催するもので、テーマは「宇宙と人間」です。
本特別展では、現代の科学技術がとらえた宇宙の姿、私たちの生活に欠かせなくなった宇宙技術、人間が宇宙へ進出するための技術(NASAの有人火星探査計画、国際宇宙ステーション等)、宇宙ホテル、宇宙エレベーターといった宇宙への移住計画を進めるための技術を紹介し、最後に宇宙大航海時代、地球から太陽系へと進出する人類の未来を展望します。これらの展示によって、来館者に宇宙と人間の関わりの現状と将来について理解を深めてもらいます。
また、期間中に関連イベントとして宇宙、科学関連の有識者による宇宙開発や探査、理系進学に関する「講演会」を開催しました。

 

     

      

 

 

ゴムを使った工作にチャレンジしてみよう!

 

◆日 時:夏休み期間(7/25~8/22)の毎週火曜日
◆時 間:①11:45~ ②13:45~ ③15:45~ 各回1時間ほど
◆参加費:300円(展示室入館料が必要)
◆対 象:小学生以上(保護者見学可)
◆場 所:本館4階 工作室
◆定 員:各回先着24名
◆申 込:当日9:30より1階受付にて参加券を販売

※同じ日に複数の時間帯のご参加は出来ません。
※参加券の販売はご参加されるお子様本人へのお渡しとなります。
※大人の方の参加はご遠慮いただいております。

工作をとおして道具の使い方や仕上げ方のコツ、工作のヒントを学びました。

 

 

 

 

学芸員による夏休み理科研究応援実験工作教室

 

◆開催日:
→8月11日(金・祝)「電気と磁石のおもしろ実験と工作」
  ◇対 象:小学4年生~中学2年生
  ◇申 込:往復はがき 7月28日(金)必着

→8月15日(火)「空気のおもしろ実験と工作」
  ◇対 象:小学3年生~6年生
  ◇申 込:往復はがき 8月1日(火)必着

→8月21日(月)「振動の発生と振動を利用したおもしろ実験と工作」
  ◇対 象:小学2年生~中学2年生
  ◇申 込:往復はがき 8月7日(月)必着

◆時 間:10:00~12:30
◆場 所:本館4階 実験室
◆定 員:各日36名
◆参加費:500円(参加者本人のみ展示室入館料は不要)

 

 

 

ストームグラス作り ~結晶について学ぼう~

 

◆開催日:8月19日(土)
①10:00~13:00
◆場 所:本館4階 実験室
◆対 象:小学校5年生~大人の方まで
(小学生は必ず保護者1名が付き添い・中学生は保護者1名まで見学可 ※幼児の入室不可)
◆定 員:24名
◆参加費:2,000円(参加者本人のみ展示室入館料は不要)

ストームグラスを作ってみませんか?
ストームグラスは19世紀ヨーロッパで使われた天気予報の道具で、温度などの気象条件で中の結晶の様子が変化します。今回はお部屋のインテリアにもなるよう、特注のガラス容器とコルク台をご用意しました。また、結晶についても楽しく解説を行ないました。

 

 

 

夏休み!手づくり乾電池教室

◆開催日:8月8日(火)
①11:00~12:30 ②14:00~15:30
◆場 所:本館4階 実験室
◆対 象:小学校3年生以上(保護者見学可)
◆定 員:各回40名
◆参加費:100円(参加者本人のみ展示室入館料は不要)

主催:一般社団法人 電池工業会、バンドー神戸青少年科学館

どのような仕組みで、電池で電気ができるのかな?
電池の仕組みや構造などを学習しながら、乾電池をつくりました。

 

 

いきものタッチング

◆開催日:
7月31日(月)・8月1日(火)
①10:00~10:30 ②11:00~11:30 ①13:00~13:30 ②14:00~14:30
◆場 所:本館3階 第2展示室前「かがくラウンジ」
◆対 象:どなたでも
◆参加費:無料(展示室入館料が必要)

いきもの:カブトムシ、クワガタムシ、ザリガニなど

かがくかんに夏のいきものが集まりました。

      

 

 

「理化学研究所百年」記念講演会

◆開催日時
7月22日(土)・7月23日(日)

14:00~15:20(13:00受付開始、13:30開場)

 

◆講演スケジュールと内容
【7月22日(土)】
講演名: 
細胞が集まって体ができるしくみ
講演者: 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 高次構造形成研究チーム チームリーダー
竹市 雅俊 氏

 

講演概要:
私たちの体は、さまざまな細胞が積み木細工のように重なってできています。どのようにして、精巧な積み木細工ができるのでしょうか?これを調べるために、実験室では、細胞を人工的にバラバラにして、プラスチック容器の中で培養し、様子を観察します。すると、一個一個の細胞は、独立した生命体として生きていることが分かります。ところが、この細胞たち、離れることを好みません。いつも、たがいにくっつき合っています。そして、うまく培養すると、元の積み木細工のかたちに戻ってしまいます。体が維持されるのは、 細胞に、たがいくっつき合おうという性質があるからなのです。この、細胞が集まるしくみについて、おはなしします。

 

プロフィール:
1943年、名古屋市生まれ。細胞生物学者/ 発生生物学者。 京都大学名誉教授。細胞どうしを結びつけ、多細胞動物形成の根幹を担う分子「カドヘリン」を発見。発生や神経回路形成などにおける役割を明らかにしてきた。日本学士院会員。文化功労者。

 

 

【7月23日(日)】
講演名: スパコンって何だろう?何が出来るんだろう?
講演者: 理化学研究所 計算科学研究機構客員主管研究員/神戸大学大学院システム情報学研究科
教授 
横川 三津夫 氏

 

講演概要:
毎日の天気予報、インフルエンザに効く薬の開発、宇宙の始まりの研究...これらにはスーパーコンピュータが利用されているのをご存知でしょうか? なんとスーパーコンピュータは、皆さんが気付かないところで大活躍しているとっても身近なものなのです。では、スーパーコンピュータは、家にあるパソコンやみんなが持っているスマホと何が違うのでしょうか? また、どうやってスーパーコンピュータで天気予報や薬の開発が出来るのでしょうか? 
理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピュータ「京」の話を取り入れながら、スーパーコンピュータを紐解きます。(講演進行:干場真弓(計算科学研究機構))

 

プロフィール:
1984年筑波大学大学院修了。同年日本原子力研究所入所。1997年地球シミュレータ開発に従事。2006年理化学研究所にて、スーパーコンピュータ「京」の開発に従事。2012年神戸大学大学院システム情報学研究科教授。2002年,2011年ゴードン・ベル賞受賞。

 

 

◆場所 新館地下ホール
◆参加費 無料(参加申込者は展示室入館料も無料)
※受付時刻(13:00)前のご入館は展示室入館料が必要です。
◆対象 小学生以上(幼児の入室はご遠慮ください)
◆定員 各回200名
◆申込方法

※複数の講演会への同時申込可能。
※先着順。定員になり次第、申込み締め切りとさせていただきます。