朗読と音楽とプラネタリウム

「よるの点をなぞる」 

yoruten 
はるか昔、広大な原野から夜空を見上げた人々は、輝く星を指でなぞるように結び合わせ道具や動物を描きました。
やがてそれは88の星座となりました。
現代の都会では街に灯りが灯り、わずかな星との対話しかできません。それでも今夜も点と点をなぞることができます。
そこには太古と変わらない星々の息吹があるのです。

音楽はかつて「ムジカ」と呼ばれ、天文学、数学、幾何学と同一の学問でした。ピアノの鍵盤が星座と同じ88であるのも何かつながりがあるのかも知れません。
それは詩を表す言葉でもありました。

詩人のおりなすことばはピアノとトロンボーンの調べにのって、夜空に広がる点をなぞります。

詩人・小鳩ケンタいよる朗読と、repairの演奏と共に、昔より変わることのない「私たちの時間」を神戸のプラネタリウムで感じてみませんか。海と空に抱かれたこの場所で。

出演:
小鳩ケンタ
詩人。コバトレーベル主宰。絵を描くように言葉を書き、音をつくるように朗読したいと願っている。
鳥と星が好き。
http://kobatokenta.web.fc2.com/

repair
絵と音楽のユニット。クラシカルで静かな音楽は開放感と閉塞感の両面を持ち、つめたくあたたかい。
絵とトロンボーンが日下明、ピアノと言葉が谷口有佳。「こわれたら、はじまり」
http://repair-trom.blogspot.com/

◆開催日:10月4日(日)
◆投映時刻:17:00~18:00 開場16:30
◆定 員:200人(先着順) 満席となりました(10月3日現在)
◆参加費:1000円(手帳各種・のびのびパスポート等は使えません)
◆申込方法:満席となりました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。
 ※1回のお申し込みで5名までとさせていただきます。
 ※荒天などの場合、安全を考慮して中止することがあります。
 ※中学生以下のお子様は保護者の方とご参加ください。