青少年のための科学の祭典 神戸会場大会2017

 

 

 青少年のための科学の祭典は、子どもたちに実験や工作を通して、科学に興味関心を持ってもらおうと、1996年から毎年開催されています。科学のおもしろさを身近に感じることができる企画が多数あり、たのしい実験や工作を一度に見ることができます。子どもたちだけでなく、大人も楽しんでいただける催しです。

 

 

 

◎開催期間
平成29826日(土)・27日(日) 
10時~1630

 

◎場所
バンドー神戸青少年科学館 新館4階 特別展示室 ほか

 

◎内容
神戸近隣の高等学校、大学、企業などが提供する50種類の実験や工作が体験できます。

 

◆ステージ企画
ステージ上でいくつかの実験などを連続的に演示する形式。
「-196℃の世界を体験しよう!」
「集まれ!身近なモノde実験ショー」など。

 

◆ワークショップ企画
定員を設けて、一斉に比較的じっくりと実習や工作をしてもらう形式。
「ポンポン船を作ろう」
「金メダルを作ろう、夢の東京2020」など(参加費100~500円)。

 

◆ブース企画
縁日の出展のように、多くの子供たちが連続して訪れるような形式。
「スパイめがねを作ろう!」
「手のひらの上で回るアルミ箔風車」など。

 

◎料金
科学の祭典開催期間(2日間)展示室入館料 無料 
ただしプラネタリウムは別途大人400円、小人200円が必要です。

 

※この大会は、子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて開催しています。

 

主催:青少年のための科学の祭典・神戸会場実行委員会
共催:(公財)日本科学技術振興財団・科学技術館、(公財)ひょうご科学技術協会